乾燥肌を改善したい!速攻型美容液のヒミツに迫る

乾燥肌の改善になぜ生コラーゲンが良いのか?

乾燥肌には生コラーゲンがいい理由

肌が乾燥するのは空気の乾燥、紫外線、加齢などなかなか自分では食い止めきれない原因も多くありますのである程度は仕方のない事です。

しかし、「肌の乾燥」イコール「肌の老化」と言えるくらい、肌の乾燥はたるみ、くすみ、シミ、シワなど肌の悩みの全てにおいての大きな要因になっています。

女性の敵である「乾燥肌」を保湿しながら「乾燥しづらい肌」に変えていってあげましょう^^

乾燥肌対策にはにはやっぱり「皮膚の材料コラーゲン」!
皮膚の70%はコラーゲンで出来ています。裏を返せば皮膚にとってコラーゲンはなくてはならない重要な材料なのです。コラーゲンの保水力により肌のモチモチ感、また、繊維状に伸びた三重らせん構造が網目となって皮膚細胞間を張り巡らせ、肌に弾力やハリを与えてくれれます。しかし残念ながらだいたい25歳からコラーゲンの量は減少していってしまいます。その為にモチモチ感やハリが失われてきてしまうんです。赤ちゃんの肌と大人の肌の違いを思い浮かべれは容易に想像できますよね^^ 肌の乾燥を防ぐにはコラーゲン、すなわち皮膚の材料を補ってあげる事が何よりも大切なんです。

美容成分としての「コラーゲン」のデメリット
化粧品によく使われているコラーゲンは安定させる為にコラーゲンを加熱処理し、また、肌に浸透しやすくする為にコラーゲン繊維をカットして分子量を小さくしてしまっているので肌には浸透していきますが、保水力は1/6まで減少してしまっていると言われています。これはもはや「コラーゲン」というよりも「コラーゲンペプチド」という別の成分となってしまっているんです。

そう考えると、できれば生のコラーゲンのまま利用したいものですよね。
でも残念ながら生コラーゲンにもデメリットがあるので、上記のような処理をせざるを得ないんです・・・。

美容成分としての「生コラーゲン」のデメリット
生コラーゲンのらせん構造のままでは細長くて肌に入っていってはくれず、表皮にとどまってしまいます。肌に塗りこんでも表面がベタベタしているのがまさにこの状態です。これだと肌表面の気化によって逆に表皮の水分を奪ってしまいかねません。 また、生のコラーゲンのままだと状態が不安定だという品質上の問題点もあります。

・・・実は、これら生コラーゲンのデメリットを解消し、更には生コラーゲンの保水力を外に逃さないような美容液が開発されたんです。

  

乾燥肌を改善したいあなたへ。この美容液がしっかり働きかけます

肌のラメラ構造

   「乾燥を防ぐ」には「水」と「フタ」
肌が乾燥するという事は、肌の表面にある角質層のラメラ構造が乱れている証拠です。

ラメラ構造とは
脂質・水・脂質・水・・・と脂質と水が何層も重なった状態です。
脂質がフタとなって水分を閉じ込めていてくれるんです。
ですから肌の水分が少ないだけでなく、脂質がしっかりとフタをしていてくれないと水分が抜けていってしまい、乾燥を招いてしまうんです。

すなわち「水」と、「フタとなる脂質」を補ってあげれば乾燥は防げるんです。
そこで登場するのが・・・「リポコラージュの「フェース生コラーゲン」なんです。生コラーゲンは不安定な成分なのでシミ 美容液に配合するには技術が必要でなかなか実現しませんでしたが、コラーゲンと生コラーゲンは断然、シミへの効果が違います!

これは「フタとなるリン脂質」でできた「ナノカプセル」に「保水力」バツグンの「生コラーゲン」を「巻きつける」という画期的な方法により作られたんです。これは特許を取得しており他では真似できない技術なのです。

この巻きつけ法により、生コラーゲンの「長細くて肌に入っていかない」というデメリットが解消。もう1つのデメリットである「不安定」さは、フリーズドライ製法によって冷凍乾燥する事により解消。使い方は使用時に専用のウォーターに溶かしてあげるだけ。これらの技術によって生コラーゲンの高い保水力を落とすことなく角質層に浸透させることに成功したのです。

肌に入り込んだフェースコラーゲンはそこでリン脂質と生コラーゲン に分かれていき、それぞれの現場でしっかりと仕事をしてくれるんです^^

  

他にもある リポコラージュのおすすめポイント

リポコラージュ

  ボトル1本に約23兆個の生コラーゲン
  他にもヒアルロン酸Naと加水分解エラスチン、そしてフェース生コラーゲンの
 三大保湿成分配合(特許申請中)
  20年以上エステの現場に携わっていた人達の経験から誕生
  無香料、無着色、オイルフリーなど肌の弱い方でも安心して使える美容液
  今ならweb限定プレゼントつき(期間限定)
  フェース生コラーゲンを溶かす専用ウォーター付き

生コラーゲンをリン脂質に巻きつけて角質層の奥まで浸透させる事が出来るのはリポコラージュだけです。
コラーゲンのパワーはシミに効く化粧品としても有効に作用してくれます。

太眉時代到来

  

あなたの目指す美肌を手にいれたら、メイクも完璧にしたいものですね。
人気女優やモデルも、今やみんな「太眉」「目が大きく見える」「小顔効果が!」「色っぽくなれる」…と変えて良かったという声が続々届いています。あなたも「太眉時代」に乗り遅れないで!
今、世の中は空前の太眉ブーム。 太眉の人気女優の代表といえば、石原さとみさんや篠原涼子さん、井川遥さんといったところでしょうか。彼女たちも数年前までは細眉だったんですね。では改めて、なぜ今「太眉」なのでしょうか?太眉にすることのメリットがあちこちに見え隠れしていますよ。
顔がはっきりして見えるということで美容業界的にも「太眉」がトレンド!
女優やモデルのみならず、ヘア&メイクさんもみんな太眉です。ナチュラルメイクに今どきのこなれ感を生むには、眉で顔を引き締めることが必須だったんです。そんなきっかけから「太スト眉」プレートが誕生し、話題に!
一言で、太眉といっても今の眉を全体的に太く描けばトレンド眉になれるかといえば、答えはNO!大事なのは角度のないストレートなシルエットと濃いめの色。この2つのポイントさえ押さえたら、大人っぽい雰囲気や色っぽさ、優しい雰囲気、小顔…などなど今の時代に求められる美人顔が手に入ります。

【太眉メイクの動画】

1、眉頭をややしっかり描く!
色っぽさのキモって実はココ。眉頭がフサフサだと女性らしい、ふくよかさを連想させ色気につながります。
2、眉頭~眉山までの幅はだいたい同じ!
眉の幅(太さ)を変えないことで、まぶたが間延びせず、目を大きく見せつつ顔は小さく!
3、眉尻はちょい太のまま、フェードアウトする感じに!
眉尻がスーッと細くてキレイすぎるのは古くさい!少し太めのまま終わる、ラフなバランスが◎
4、眉頭~眉山までは角度をつけず、なだらかなストレートに!
眉山にかけて角度があると、印象がきつく見えがち。緩やかなラインで優しいイメージをキープ!

忘れてはならないのが、眉色!明るめはNOです。濃いめのブラウンがおしゃれでオススメです♪
さあ今日からあなたも太眉メイクで美人顔に!